京雛121拡大

寸法

美、心 加藤一冑

写実性を基調とする江戸甲冑の象徴として誉れの高い加藤一冑師の作品に、さらなる美術性と歴史的価値を高めるために、人形の佳月は、挑戦いたしました。 戦国の世を英知と仁徳をもとに戦い抜いた武将たちが実際に用いた甲冑の意匠、素材を忠実に再現すること、武具という名の美の原点を極めること・・・ 日本で唯一、人形の佳月だけのオリジナル加藤一冑作品をご紹介いたします。

繊細な装飾の施された鍬型です。高級感を感じられます。

吹き返し

朱や水色など明るい色味を使用することで、ぱっと明るい印象にしてくれます。

しころ

吹返しと一体になっていて後ろまで繋がっています。 手作業で丁寧に仕上げました。

弓太刀

天然矢羽根の弓太刀飾りです。

お買い物手続きへ

商品詳細

商品名

五月人形 K-201 兜平飾り【江戸甲冑】
日本甲冑武具研究保存会 加藤一冑 謹製

南北朝時代に創作され、現在は、ニューヨークのメトロポリタン博物館所蔵の甲冑を範とした大鍬形の兜飾り。兜の装飾でもある鍬形という形式は、日本独特のもので、現代にも合い通じる洗練された造形美を醸しだします。

寸法

間口60×奥行40×高さ41(cm)

価格

¥150,000日本甲冑武具研究保存会 加藤一冑 謹製
K-201

お買い物手続きへ