京雛 110 京都西陣帯 七宝文引箔織拡大

寸法

手描きのお顔

上品で落ち着きのある表情をしています。お子様の顔を思い浮かべてお姫様をお選び頂くもの楽しみの一つです。

手描きのお顔

職人が一つ一つ丁寧にお顔を描き上げました。 内から出る優しい雰囲気があふれ出るような表情です。

姫の衣裳

赤を基調としたお衣装にお殿様と同じ京都西陣帯七宝文引箔織を使用した唐衣は高級感があります。上品な色合いのお姫様は高級仕立の雛人形をお探しの方にお薦めです。本着せならではの非常に繊細なお作りです。

殿の衣裳

佳月の人形は帯で作るのが基本です。京都西陣帯七宝文引箔織の衣装で仕上げました。金襴の衣装とは一線を引く、絹の光沢感や生地の立体感を感じられる豪華な衣装です。座雛とは違ったお衣装の見え方も、立雛の魅力の1つです。

姫の衣裳

殿の衣裳

姫の衣裳

殿の衣裳

姫の衣裳 もばかま「松竹梅」

人生には誰もが苦難のときがあり、その苦難を乗り越えるには「松竹梅」にたとえられる三人の友人を持ちなさい。と言われています。「松」のように常に凛とした性格の友。 「竹」のように実直に、そして柔軟な性格の友。 「梅」のように冬の寒さに耐えながらも明るい花を咲かせる陽気な性格の友。この三様な友人を持つことで、たとえ苦境に立たされても決して悲観することがない人生が送れるという由来があります。

殿の衣裳

金沢箔の屏風

藩政時代から400年以上もの間、金沢で受け継がれている金箔「金沢箔」は、それ自身の美しさもさることながら、建造物や調度品の耐久性を高め、金閣寺や日光東照宮などの多くの文化遺産を現代に伝えてきました。金沢箔押し屏風のきらめきは、昔も今も人々の心を惹きつけてやみません。

お道具セット

木製のお道具セットです。お雛様を引き立てます。

几帳

真珠の宴。本物の真珠を施した几帳です。

ぼんぼり

コード式の雪洞(ぼんぼり)です。

京都西陣帯

京都西陣帯 七宝文引箔織で作製しました。

お買い物手続きへ

商品詳細

商品名

京雛 110 京都西陣帯 七宝文引箔織
御皇室御嘉納京雛司 平安寿峰 謹製

御皇室御嘉納京雛司平安寿峰謹製の立ち雛です。お雛様の原型とされる立雛は、より格式の高い雛人形を飾りたいという方にお勧めです。京都西陣帯七宝文引箔織の衣装で仕上げました。伝統的な赤毛仙と金屏風に、本物の真珠を施した几帳をセットした大変豪華なお雛様をセットに仕上げました。
商品の特徴
  • 帯
  • 本着せ

寸法

間口105×奥行60×高さ48(cm)

価格

¥524,000御皇室御嘉納京雛司 平安寿峰 謹製
京雛 110

お買い物手続きへ