京雛121拡大

三分の一 赤糸縅長鍬之御兜

江戸甲冑師 加藤一冑

昭和8年 東京都北区出身。 昭和22年 初代加藤一冑に師事。 昭和48年 二代目加藤一冑を襲名。 昭和62年 東京都伝統工芸士として認定。 現在 社団法人日本甲冑武具研究保存会指定甲冑師 江戸甲冑伝産協力会役員 日光東照宮の千人武者行列の甲冑修復を始め、愛媛県の大山祗神社所蔵の源義経着用の「赤糸縅鎧」の再現など、その確かな時代考証と卓越した技法をもとに、これまで数多くの国宝、重要文化財甲冑の再現、修復を手がけてきました。現在、実物と同じ甲冑を再現できる日本一の名工と称されています。

兜 後ろ

冠(ゆるぎ)組紐

江戸時代、組紐の用途の中心は武家階級の武具として用いられるようになります。兜の紐は首へかけるため伸び縮みがよく肩は刀では切れないようにきつく、用途と部位によってその組み方は創意工夫がなされてきました。女性の着る着物の帯紐もこの組紐を使用しています。

しころ

500枚以上もの和紙小札を一枚一枚貼りあわせさらに漆塗りが施された「和紙しころ」に赤糸で縅された逸品です。

屏風

内閣総理大臣賞受賞屏風 金沢箔押屏風に本蒔絵で桜を描きました。

弓太刀

天然矢羽根に陣太刀をセットした弓太刀飾りです。

太刀

鞘から抜くことができます。

寸法

付属品

保証書、人形の佳月オリジナルのオーストリッチ製(ダチョウの羽根)お手入れセット一式をプレゼントいたします。お手入れ用品のひとつにも人形の佳月は、最高の品質を守り続けます。

名前立札

名前立札をプレゼントいたします。 お申込みハガキにお名前・生年月日など必要事項をご記入の上、切手をはりポストに投函してください およそ10日~14日間くらいで製造工場よりお名前プレートが直接お客様の元へ届きます。 ※ハガキは商品の外箱に保証書と一緒に張って入れてお送りいたします。 ※ハガキの再発行は出来ません。大切になくされないようにしてください。 ※お名前の間違いなどでの作り直しも出来ないのでお気を付け下さい。

お買い物手続きへ

商品詳細

商品名

五月人形 K-206 三分の一 赤糸縅長鍬之御兜
日本甲冑武具研究保存会 加藤一冑 謹製

たくさんの星を打ち込んだ大円山鉢に漆塗りが施された「和紙しころ」に赤糸で編み上げられた長鍬之兜です。屏風は内閣総理大臣賞受賞の桜の花を蒔絵で描いた高級感溢れる逸品です。

寸法

間口75×奥行51×高さ52(cm)

価格

¥268,900日本甲冑武具研究保存会 加藤一冑 謹製
K-206 三分の一 赤糸縅長鍬之御兜

お買い物手続きへ