人形の佳月 京の雅を取り揃えて

雛人形・五月人形・羽子板・羽子板の人形の佳月TOP >> 羽子板、破魔弓 Q & A

  • 人形の佳月・雛人形Q and A
  • 人形の佳月・雛人形 京雛
  • 人形の佳月・雛人形 帯
  • 人形の佳月・五月人形Q and A
  • 人形の佳月・京甲冑 江戸甲冑
  • 人形の佳月・羽子板 破魔弓Q and A
人形の町岩槻で、京の雅な逸品をそろえて

古都・京都の歴史の中で、守り伝え磨き抜かれた一流の技と美の結晶、京雛、京甲冑。
人形の佳月は、この伝統ある京を代表する雛人形作家、 甲冑作家の作品を中心にお届けしています。
お子様の健やかな成長を願い見守る雛人形や五月人形を、 落ち着いた店内でごゆっくりお選びください。

羽子板、破魔弓 Q & A  ~正月飾りにまつわる疑問、豆知識~
羽子板は、なぜ飾るのでしょう

「羽子板」と聞いて、誰もがまず頭に浮かぶのは「羽根つき」でしょう。 室町時代にはこの羽つきを「胡鬼(こき)の子勝負」といい、正月の年占いとして、末広がりの形をした胡鬼板(羽子板)で胡鬼の子(羽根)をつき、その年の平安を祈願したといわれます。
江戸時代には胡鬼板(羽子板)に金箔を施した上に、宮中の左義長の儀式の風景を描いた「左義長羽子板」というものが、厄除けとして、貴族への贈り物に用いられました。 「左義長」とは、正月の十五日に宮中で行われた魔除けの儀式で、今日、民間では「どんど焼き」などといわれ、注連縄(しめなわ)や門松などをお焚き上げし、 その火で焼いた餅を食べて邪気を払う行事として各地で行われています。
今日重宝とされているものは、江戸後期から取り入れられた豪華な造りの押絵技法の羽子板です。 大きく重く、初春の縁起物としての、また、女児誕生を祝う高尚な贈り物としての役割が強調されてきたからでしょう。

破魔弓は、なぜ飾るのでしょう

「破魔弓」は元来魔除け、正月の神占・年占の意で神社では古くからありましたが、 武家の勃興してきた平安後期・鎌倉・室町になると、武士のたしなみとされた弓矢が男子誕生の初正月に贈り物として喜ばれるようになりました。
また朝廷では皇子誕生の時に魔除け・邪気祓いとして「鳴玄(めいげん)の儀」を行ったといわれます。今日の皇室においても、お子様が誕生して七日目に「読書・鳴弦の儀」が行われています。
このような朝廷・武家の間での祝い事はやがて一般庶民の間にも、健やかに育つことを願う親心の表現として浸透していき、現代の破魔弓の基になっているのです。

破魔弓・羽子板を飾る意義

破魔弓も羽子板も赤ちゃんが誕生して初めて迎えるお正月に向けて贈られます。 旧暦の十二月から一月の間は十二支による暦の上で「丑・寅」にあたり、いわゆる「鬼門(よくない結果が起こりやすい時)」の時期なのです。
つまり破魔弓や羽子板には、その時期を生命力の弱い赤ちゃんが無事に通過できるようにという願いがこめられているのです。
なお、新暦の現代では、一般的に十二月中旬から一月十五日位までお飾りするのが一般的なようです。