• トップページ
  • 雛人形
  • 五月人形
  • 羽子板
  • 破魔矢

HOME >> 佳月オリジナル >> K-306 10号 兜平飾り 合せ鉢プレミアム本仕立兜

K-306 12号 兜平飾り 合せ鉢プレミアム本仕立兜

 

鑽彫前立(たがねぼりまえだて)

鑽彫前立(たがねぼりまえだて)

表面を数回打ち込み反りが出たところを裏面から調整打ちを繰り返す技法が鑽打ちの基本です。その繰り返しは一組の前立てに表面打ち約3000回、調整打ち約1000回。秋篠宮家の雛飾り金具を製作された「二代目・上昇」ならではの技。手造りの温かみが魅力です。

印伝革(いんでんかわ)

印伝革(いんでんかわ)

印伝の由来は、寛永年間(1624~1643年)に来航した外国人よりインドの装飾革が幕府に献上された際に名づけられたと伝えられています。鹿革に漆で模様を付ける技法を特徴とし、強度を備えていることから武具にも盛んに使われました。戦国時代には、燻(ふすべ)や更紗(さらさ)技法を用いた鎧や兜が武将たちの勇士を昇華させました。

白檀縅(びゃくだんおどし)

白檀縅(びゃくだんおどし)

漆の乾きに微妙な影響を及ぼす春の木の芽だち、湿気の強すぎる梅雨時、反対に空気がカラカラに乾燥する冬、漆塗りは自然との戦いともいえます。そうした自然の厳しさを乗り越えて兜のしころに透漆を施す白檀縅。飴色の輝きが兜にひときわ華麗さを添えます。

吹き返し

吹き返し

 

陣太刀飾り

陣太刀飾り

桃山時代、装飾的価値を追求した太刀が登場しました。「陣太刀」という呼称は出陣の儀礼用としたところから由来します。陣太刀は武門の誉、そして出世栄達や一族の繁栄を願う床飾りとして伝えられています。
天然の鳥の羽根を使いました。

寸法

寸法

 

付属品

付属品

保証書、人形の佳月オリジナルのオーストリッチ製(ダチョウの羽根)お手入れセット一式をプレゼントいたします。お手入れ用品のひとつにも人形の佳月は、最高の品質を守り続けます。

名前立札

名前立札

名前立札をプレゼントいたします。
お申込みハガキにお名前・生年月日など必要事項をご記入の上、切手をはりポストに投函してください。
およそ10日~14日間くらいで製造工場よりお名前プレートが直接お客様の元へ届きます。
※ハガキは商品の外箱に保証書と一緒に張って入れてお送りいたします。
※ハガキの再発行は出来ません。大切になくされないようにしてください。
※お名前の間違いなどでの作り直しも出来ないのでお気を付け下さい。

お買い物手続きへ

商品詳細

商品名

五月人形
K-306 12号 兜平飾り
合せ鉢プレミアム本仕立兜
名前札をプレゼントいたします

武具として最も造形美溢れる平安朝の意匠に現代の名工「二代目・上昇」による本物の鑽彫前立て、印伝革を融合させた兜です。時空を超えた平安のロマンをご堪能ください。

サイズ

間口65×奥行40×高さ50(cm)

価格

¥151,900
K-306 12号 兜平飾り
合せ鉢プレミアム本仕立兜

お買い物手続きへ